logo
SalesEnablement
PULL型
PUSH型
BtoB営業
KPI
DX
AI
CRM
ABM
CS
FS
IS
気になるキーワードを探す
search
検索結果616
  • invalid image url
    【限定アーカイブ配信】AI活用に成功する営業組織の取り組みとは?「先駆者に学ぶ」インテリジェントセールス
    公開日時期間限定2024年5月31日(金)まで概要『ザ・インテリジェント・セールス』の出版記念ウェビナー大好評につき期間限定でアーカイブ配信します!🙌ディップ株式会社で実際に活用されている、商談ロープレ相手としてのAI活用法は必見です👀!!!昨今「AI」や「ChatGPT」によって営業の在り方が大きく変化しています。ですが、実際にその変化に対応できている組織はまだまだ少ないのが現実です。営業組織内でAIをどう活用していけばいいのか、手探り状態AIの営業での可能性には興味があるけれど、実際のところどう使えばいいのか見えてない「そろそろAI活用について本腰を入れないと」と感じてはいるものの、何から始めればいいかわからないこんな疑問や不安を抱える皆さんに向けて、本ウェビナーでは、AI活用に成功している企業のリアルな声をお届けします。著者の今井さんがホストを務め、ディップ株式会社 小池さん・株式会社セレブリックス 工藤さんに、直面した苦労や、その克服方法、成功のポイントを深掘りしていきます。ここでしか得られない貴重な情報が満載です!自社の営業組織に活かせるヒントを、ぜひこの機会に見つけてください!登壇者株式会社セレブリックス 執行役員 カンパニーCMO/営業総合研究所 所長/セールスエバンジェリスト今井晶也セレブリックス営業総合研究所の所長およびセールスエバンジェリストとして、法人営業・法人購買・営業とAIの実務に関する研究を行う。2021年8月には 『Sales is 科学的に「成果をコントロールする」営業術』を扶桑社より出版。営業本のベストセラーとして累計出版数が5万部を超える。2022年7月には単著二作目として『“お客様が教えてくれた「されたい」営業』 を出版。現在は執行役員 CMOと新規事業開発の責任者を兼任。Everything DiSCの認定トレーナーであり、専門は営業、プレゼンテーション、コミュニケーションスタイルと多岐にわたる。2023年9月より一般社団法人生成AI活用普及協会の協議員に就任。 ディップ株式会社 メディア事業本部 事業推進統括部 ゼネラルマネージャー小池 敏2005年ディップ株式会社へ新卒入社。転職マーケットを2年経験後、人材系専門部隊のHR事業部へ。 中日本HR営業部長、HR事業部西日本統括部長、中西日本HRソリューション事業部長を経て、事業推進統括部ゼネラルマネージャーへ。 インサイドセールス部門におけるセールスファネルの構築、新卒の育成やインターンの受け入れを担当するほか、社内におけるAI推進のプロジェクトリーダーを兼務。株式会社セレブリックス 次世代開発室 BizDev Div. AITransformation マネージャー工藤 眞大手飲食店ポータルサイト運営企業で営業を経験した後、2018年7月セレブリックスに入社。入社当初は営業研修の企画サポートや、講師業務を経験。その後営業代行部門のプレイヤー、PJリーダーを経て現職。大手通信系企業の新規事業のテストセールス案件、人材採用系SaaSのオンラインセールス案件、SaaSベンチャーのIS代行案件なと、多岐に渡るジャンルでの営業マネジメントや業務改善、営業戦略策定などを実施。
    2024年05月15日
    yeale編集部
  • invalid image url
    「信じて、任せる」ために捨てなければいけない、4つの幻想|ワタリユウタ@すごすぎる事業を作る男
    今回は「信じて、任せる」ということについて書きたい。(キャスターへのM&Aの話を期待していた人はすみませんwそれもどこかで書きます) 支援先の経営者・リーダーの2人に1人くらいからこの相談をいただく。私自身、自分の会社やこれまでのキャリアの中で「任せることの難しさ」と向き合ってきており、4つの幻想という形にまとめてみた。 ここで紹介する幻想に惑わされないことで、少しずつではあるが「信じて、任せる」チームに近づくことができたと感じている。 同じような悩みを抱えるリーダーに届くと嬉しい。 【1】「自分がやった方が早い」という幻想を捨てる 「いま自分が30分でやってしまうよ
    2024年04月18日
    note
  • invalid image url
    【たぶん役立つ】”くだらないけどためになる”パワポのつくりかた|トヨマネ|シリョサク株式会社
    こんにちは。自称パワポ芸人のトヨマネと申します。パワーポイントが趣味で、ちまちま作ったしょうもない作品をTwitterに載せたりしています。 今日は、僕がふだん一体どんな思考回路でこういったパワポを作っているのかをnoteにしてみたいと思います。 【2022/2/12追記】 僕のパワポの作り方が本になりました!(というか出版されたのは2021年9月なので「なってました」が正しい) このnoteでもそれなりに役立つと思ってますが、このnoteが1万4千字で本が7万字以上なので、本の方が色々リッチです。桃太郎パワポが作れる(?)テンプレ―トもダウンロードできます。何卒。 秒で伝
    2024年04月18日
    note
  • invalid image url
    マッチ売りの少女に営業コンサルしてみた|Masaya Imai
    〜あらまし〜 マッチ売りの少女は、マッチが売れず寒さに凍えて死んでしまいます。しかし、もし彼女が “営業戦略を学び、理論に基づく営業スキルを体得していれば、死ぬ必要がなかった” かもしれません。そこで、もし彼女が現代社会でマッチを売ることになったと仮定して、真面目70%、おふざけ30%のブレンドミックスな営業コンサルティングを”超絶 解説”してみました。 (株)セレブリックス  今井晶也 なぜマッチ売りの少女をモチーフににしたのか 営業戦略や理論を学ぶうえで、少しでも想像しやすいように「マッチ売りの少女」という童話をモチーフに解説すると決めました。 また過去に、童話の
    2024年04月16日
    note